インタビュー 坂田さん

言語としての英語の習得自体をゴールとするのではなく、効果的に伝える話し方にフォーカスしている点に興味を持ちました。

まずは、VERITASを受講したきっかけを教えて下さい。

将来的に世界中の仲間とチームを組み、リーダーシップを発揮して問題解決をしたいという目標があり、そのために実践的な英語力を身につけたいという目標がありました。様々な英語習得サービスがある中で、VERITASはディスカッション力やリーダーシップを身に着けることを主眼に置いていると感じ、私の目標とFitしていると感じたため受講を決意しました。

 
 

今まではどうやって英語学習に取り組んでいたのですか?

学生時代は授業で最低限のReadingとWritingを勉強するのみでした。社会人になってから、SpeakingとListeningの必要性を感じ、レアジョブなどのオンライン英会話やグループ英会話クラスを受講し始めました。会社が導入していた英語研修で英語を話すときの「構造」や「発音」も重点的に勉強しました。上記を3年ほど継続し、英語で「言いたいことを伝える」ことはできるようになったと思います。

 
 

VERITASのどのような点に興味を持ったのですか?

言語としての英語の習得自体をゴールとするのではなく、効果的に伝える話し方にフォーカスしている点に興味を持ちました。また、グローバル環境でどのようにリーダーシップを発揮すべきかという、英語以上のものを学べる機会が得られる点も魅力的でした。

 
 

実際に受講してみてよかった点を教えて下さい。

グループワークでクラスメートと切磋琢磨できたことが良かったです。仕事やプライベートで忙しくなってしまうと、宿題の時間が確保できなかったり学習に向き合うモチベーションが保てない時期が訪れます。そのような時、クラスメートが同じ目標に向かって努力している姿が一番励みになりました。

 

また、コーチのバックグラウンドが多様である点も良かったです。私のクラスでは台湾、アメリカ、ロシア、フランスで生まれ育った経験のあるコーチと共に、様々な観点からのディスカッションができ、視野が広がりました。

 
 

プログラムを通して、何が一番伸びたと実感していますか?

どんなトピックにも自分の意見を持ち、アウトプットする力が伸びたと思います。

 

日本で生まれ育った海外経験のない私にとっては、自分の意見を問われる機会が少なかったように感じます。友人も同僚も同じような環境で育ち、考え方が似ているため、自分の意見を意識する必要がなかったためだと思います。一方、グローバルな環境に足を踏み出すと、今まで当たり前だったり考えたことのなかったことに対して意見を述べる必要が出てきて、戸惑うことがありました。そのような私にとって、毎週のディスカッションで様々なテーマに対し「意見を持つ、組み立てる、明確に述べる」訓練をしたことは、ブレイクスルーになったと感じています。

 
 

VERITASの受講は、仕事やキャリアにどのように役立っていますか?

「結論を先に述べ、効果的な理由を追加する」ことを意識した思考により、英語でも日本語でも仕事の生産性が上がったと実感しています。

 

先日、仕事でグローバル会議に参加した際、会議のゴールが不明確で議論の方向性が散らばってしまったことがありました。その時、「どういう結論が理想で、それはなぜなのか」が分かるようにアシストしたところ、必要な意見に絞った効率の良いディスカッションをすることができました。会議後、その会議のオーナーから「Thank you for your leadership!」というチャットが飛んできたときに、VERITASで学んだことが身についていると感じ、嬉しくなりました。

 
 

受講をお考えの方にメッセージがあれば、宜しくお願いします。

勉強時間を確保できるか?クラスについていけるか?本当に成長できるか?など、様々な不安があると思います。私も同じ不安を抱えて一歩踏み出すかどうかを悩みましたが、「やったことに後悔するより、やらなかったことへの後悔のほうが大きい」と考え、自分の背中を押しました。ぜひ皆さんも一歩踏み出してみてください。必ず、新しい景色が見えると思います。

 

坂田さん、インタビューありがとうございました!

 

卒業生インタビュー一覧へ戻る