インタビュー ユアンさん

英語への自信がつき、海外プロジェクトに積極的にアサイン - コミュニケーションツールとしての英語より大切なこととは?

まずは、VERITASを受講したきっかけを教えて下さい。

私は外国人の同僚やクライアントと仕事をしており、彼らとより効率的にコミュニケーションがとりたいと考えたためです。また、ベリタスのプログラムのフォーカスである英語の能力とロジカルシンキングを同時に高めるという点が、私の目的にフィットしていたため、受講を決めました。

今まではどうやって英語学習に取り組んでいたのですか?

義務教育から大学までの文法や語彙への取り組みをメインに学んできました。

VERITASのどのような点に興味を持ったのですか?

ケーススタディやロジカルライティングなどの豊富なコンテンツに興味を惹かれました。英語力だけでなく、論理的な意見のまとめ方を学べる、実用的なプログラムだと感じます。

実際に受講してみてよかった点を教えて下さい。

まずプログラムのデザインが良かったと思います。
様々なトレーニングを毎週違うテーマで実施され、飽きることなく自然と英語力を向上することができました。
CNN Shadowingやスピーチの練習で基礎力も表現力も同時に鍛えられました。様々なディスカッションやファシリテーションは自分の意見を述べる能力と相手とのコミュニケーション能力を伸ばすことができました。作文の宿題はいつも苦労をしていたのですが、論理的思考力と語彙力を確実に身に着けることができました。
教材の内容はリーダーシップをメインテーマとして選定されており、いろんな角度からリーダーシップについて考えさせられて、啓発的でした。実用性のある英語を勉強できて良かったです。
勉強が進むとレッスンの組み合わせも少しずつ変わっていて、自分の進歩を実感できたのが嬉しかったです。その集大成として完成されたクラスメイトの自己紹介は驚くほど面白く、励みになります。
そしてレッスン時間外のサポートも充実していて心強いと思います。毎回の提出した宿題に対して、先生たちが発音を一つ一つ、文章を一行一行丁寧に指導してくれました。卒業生コーチからのアドバイスがとても参考になりました。仕事と勉強で疲れた時、クラスメイトからのコメントも力になりました。

プログラムを通して、何が一番伸びたと実感していますか?

英語の能力はもちろんいろいろ伸びたと思いますが、一番伸びたのは英語に対する自信です。
基礎力が確実に上達したと実感しています。発音練習とスピーチの練習が好きで訓練を繰り返す結果、堂々と英語を喋るようになりました。自信がついたため、自分の意見を簡潔にまとめ、落ち着いて伝えられるようになりました。

VERITASの受講は、仕事やキャリアにどのように役立っていますか?

VERITASは、英語はコミュニケーションのツールに過ぎないことを教えてくれました。英語の基礎も重要ですが、発音や文法に拘らず自分の意見を伝える意欲と勇気こそ勉強の目的であることに気づきました。リーダーシップをテーマにしたプログラムは向上心を高めました。自分の努力で周りの人に良い影響を与えられるように挑戦したいです。
英語に自信がついたため、国内外問わず多様な仕事を受けることができました。今後は海外のプロジェクトを積極的に受けてみて、よりいいコミュニケーションを取り、リーダーシップを発揮できると思います。

受講をお考えの方にメッセージがあれば、宜しくお願いします。

ハードなスケジュールへの覚悟は必要ですが、自らの限界を超え、毎週のホームワークを地道にやり遂げれば、驚くほどの成果に繋がります。頑張ってください!

ユアンさん、インタビューありがとうございました!

 

卒業生インタビュー一覧へ戻る