短期集中型ビジネス英語プログラム

今日の英語ワンポイントレッスン

今日の英語ワンポイントレッスン

2017年10月13日

今日の英語ワンポイントレッスン!
【色々な”痛い”の言い方】

 
ひとくちに「痛い」といっても色んな種類の痛みがありますよね。今回は様々な痛みについて、英語でどう表現すればいいのかをご紹介します。

 


 
一般的に使われ、幅広く使えるのが動詞のhurt、そしてpainという名詞です。それ以外にも以下のような表現があります。

 

ache→ガンガンと痛むとき
stabbing pain→キリキリと痛むとき
sore→傷や炎症などのジクジクした痛み

 

例文:
My back hurts.
I have a pain on my back.
「背中が痛いです。」

 
I have a dull ache in my wrist.
「手首に鈍い痛みがある。」

 
I have a stabbing pain in my stomach.
「胃がキリキリと痛む」

 
I have a sore throat.
「喉が痛い」

 

病院でお医者さんに自分の症状を説明する時に使えますので、是非覚えておいてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ一覧へ戻る

Veritas / ベリタス - 短期集中ビジネス英語プログラム
無料受講相談はこちら