今日の英語ワンポイントレッスン

2018年10月31日

今日の英語ワンポイントレッスン!
【シンプル表現で英語会議は十分に仕切れる!】
 
 

 
 
 

キーフレーズ:
I’m sorry to interrupt, but〜
口を挟んで申し訳ありませんが、〜

 
 
例文:
“I’m sorry to interrupt, but would you explain those bar charts again?”
「口を挟んで申し訳ありませんが、それらの棒グラフについてもう一度説明していただけますか?」

 
 
 

解説:
会議中にどうしても口を挟まなくてはならない状況で使える表現です。このような場合、突然言いたいことを切り出すのではなく、I’m sorry to interrupt, but〜と言って相手に了解を得るといいでしょう。同じような表現で、Could I interrupt you for a moment?もあります。interruptの代わりに、butt in、cut you offを使うと少し軽いニュアンスになります。
 
 

VERITAS English / ベリタスイングリッシュ
~ハーバードMBA教材で学ぶ 短期集中ビジネス英語プログラム~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ一覧へ戻る