2018.05.28

今日の英語ワンポイントレッスン by VERITAS (ベリタス)

— 今日の英語ワンポイントレッスン by VERITAS (ベリタス) —
【英語でなんていう?ーもちろん(ビジネス編)ー】
 
 

 
 
先週は「もちろん」と言いたい時のOf courseとSureの使い方について説明しました。それ以外にもシチュエーションによって様々な言い方がありますが、その中でも今日はビジネスシーンに使える表現を紹介します。
 
 
例文:
“ May I borrow something to write with?” 
「何か書くものを貸していただけますか?」
“Certainly.”
「もちろんです。」
 
“May I speak about the sales results of this quarter in the meeting?”
「会議で今期の営業成績について話してもいいですか?」
“By all means.”
「もちろんですとも。」
 
Can we reschedule the appointment to next Monday?
「アポイントメントを来週の月曜日に変更できますか?」
“That would be fine.”
「もちろん大丈夫ですよ。」
 
“Can you help me?”
「助けてくれない?」
“With pleasure.”
「もちろん。」
 
 
 

解説:
Certainlyは「疑いのない、確かな」という意味の強いポジティブな承諾・賛同として使われる表現です。 丁寧な表現なので、上司やお客様、取引先などに対してする言い回しとして使うのにいいでしょう。By all meansは「もちろん、どうぞ」と積極的に承諾や許可をする場合に使われます。相手からの依頼や提案に対して「大丈夫ですよ(もちろんです。承知しました)」と言いたい場合にはThat would be fineというフレーズが適しています。また、With pleasureは「喜んで」と相手の依頼を快諾する表現です。
 
 

VERITAS English / ベリタスイングリッシュ
~ハーバードMBA教材で学ぶ 短期集中ビジネス英語プログラム~